この記事は、 だいたい 411秒で読めます。

タイトルは『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』のパロ。
 
この記事を書いている今も、実を言うと『何も解決していない』んだが。
とりあえず、現況の整理と僕らが思うことを書き置きしておこうと思う。
 
まず、とあるポッドキャスト番組について書いておきたい。
 1.この番組は普通の番組と違い、複数のキャスターが参加していること
 2.ポッドキャスト内で話すトークテーマは、キャスターが持ち回りで提案するルールになっていること
 3.サイト運用から1年経ち、各キャスターが更新出来なくなってきていること
 
そして、今朝起きたこと。
 1.テーマ担当者が最終期限までに提案されなかったこと
 2.その不完全性を補うために事前に用意していた
   「翌週のテーマ」を繰り上げ採用するというルールすら使えなかったこと
 3.それ故に、どうするかを技術チーム独自での判断ではマズいと決定できずに月曜日を迎えたこと
 4.これらのことをキャスターに告知できず、
   本日更新のキャスター(運営長)がまだ未決のテーマを勝手に採用し、配信してしまったこと
 
 
まず、不適合是正のフローチャートに沿って考えていきたい。
 (応急処置)
   1.まず、今週のトークテーマについて決定すべく応急処置案を考える。
   2. 案ⅰ)期限直前に採用されたキャスターの案を採用
      案ⅱ)未決のテーマで配信してしまったテーマをそのまま採用
   3.どちらかの案で今週は運用する
 
 (問題の明瞭化)
   問題1.この番組のトークテーマに関するルールが崩壊していること
   問題2.各キャスターがトークテーマ提案に限界を感じ、運用できなくなっていること
   問題3.運営・技術チームに誰に責任があるのか、決定権があるのかが明瞭していないこと
   問題4.情報共有が出来ていないこと
 
 (原因究明)
   問題1.これは問題2に通じるところがあるのでそこで
   問題2.そもそも週1頻度でポッドキャストを更新できる能力を持っていることが
       わかっているキャスターが3人しかいない(他番組の更新頻度より)にも関わらず、
       それを結果的に強要している現状のルールに問題がある
   問題3.技術チームが仕事をし過ぎているためどこまで仕事をすればいいのか、
       逆に運営チームが仕事をしていないため誰になんの決定権があるのか定められていない為に発生した問題
   問題4.10月からオリジナルグループウェアを活用しているにも関わらず、
       情報共有としてではなくただ単に「テーマ提案」のための場所としてでしか活用されていない
 
 
ここまでは、今日のお昼に技術チーム(Team waka16.com)が出し、確認し、認識を共有しているところ。
で、ここからは個人的な意見。
 
 
腹を割って書くと、もうこの番組は崩壊している。
少なくとも、このままのルールでこの番組を運用していくのは無理がある。
 
我々は技術チームであり、運用チームではないので、運用に関する決定権は持っていない。
しかし、運用チームが決定をしないので僕らが暫定的に決めてきたルールで成り立っているような気がする。
ここまでそれでやってきたこと事態に問題があるのだが、とうとう今回それが崩壊した形。
 
この番組はキャスター以下スタッフは10名で構成されている。
少なくとも技術チームはこの10人という『人』を動かしているという自覚を持って
与えられた役割を真っ当してきたつもりである。
運用チームにこの自覚があったのか、また自らの役割を認識していたのかどうかはわからない。
しかし、本当に自覚していればこのような結果にはならなかったはずである。
 
この番組は”組織”であり、”チーム”だ。
組織は複数の人が一つのものに向かっていく構成員とするなら、この番組は”組織”だ。
どんな組織でも、トップがいる。
トップが有耶無耶にすると組織は全て崩壊する。
今まで運用できていたのは、
下が自転車操業で漕いできたからであり、決してトップが動かしていたからによるものではない。
 
我々技術チームは、運用チームが今後どのような方針で動かしていくのか、
それを決められていない限り、もう我々にはどうしようも出来ない。
それぞれの与えられた役割をもう一度、もう一度再認識して欲しいと技術チームを統括する者として思う。
 
思いつきで始めたことが思いつきで崩壊するかもしれない……
「もう俺達は限界かもしれない」
そう技術チームは心のどこかでは思っている。