この記事は、 だいたい 443秒で読めます。

この物語は、フィクションです。(たぶん)

 

 

<前回までのあらすじ>

前回、卒業研究で追い込まれていて発狂しだし、

何故か「ゆる◯り」の映画の初日舞台挨拶の抽選に応募。

あろうことか、チケットが当選してしまいセブンで発券。

そのまま新千歳空港に行き、北海道を高飛びした若なのであった。

 

IMG_5403

成田空港に到着。

 

 

IMG_5404

成田から新宿までは遠い。

……で、なんだかんだで

 

 

IMG_5433

 着いたのだ、「新宿バルト9」に。

(総移動時間:5時間)

 

 

IMG_5431

でーん! ゆる◯り なちゅやちゅみ!

ちょっとだけ変わったような、それでいて変わらない毎日。

 

IMG_5432

11月29日、「いいにくの日」に公開だよ。

 

 

IMG_5434

この上が特設グッズ販売ブースなんだけれど、

だ……誰もいないじゃない。

こちとらわざわざ「試される大地」から来てんだぞ。

 

 

・・・・・・・・。

と、思ったら数十分後には長蛇の列になってました。

行ったタイミングがよかった。

 

 

IMG_5429

京子がでっかいスクリーンに映ってんぞ。

 

 

IMG_5430

うわぁー!マジでゆる◯りがスクリーンに出てんぞ。

ってか、さっきからこのスクリーンゆる◯りの予告しか流れてなくね?

 

 

IMG_5436

グッズも買ったし、コーヒーでも飲んで上映時間まで暇つぶし。

 

 

そして、初日舞台挨拶。

メインキャスト4人が登場していつも通りのトーク。

座席はど真ん中あたりの列を引き当てまして、なかなかにいい席でした。

ちなみに両隣はおっさん(推定30歳)でした。

とても紳士なゆりゆらーでございました。

中にはデカンバッチつけてた人いたなぁ。

つけてくればよかったかしら。

挨拶が終わると次の舞台挨拶会場へと向かう強者ゆりゆらー達が一斉に席を立つ。

いや、映画見ようよ。

映画の内容についてはここに書いておくのはやめておくが、

いつも通りのゆる◯りでした、はい。

そして・・・

 

IMG_5715

北海道に戻る若。

(このあと、乱気流に飲み込まれて気持ち悪くなるのを彼はまだ知らない。)

 

 

IMG_5716

事後・・・いや、北海道到着。

<今回の戦利品>

IMG_5749

左後から、「特大暑ちゅう見舞い 絵葉書」、「アニメグラフ(後述)」の特典絵葉書、「劇場パンフレット」。

左前から、来場者特典の「描き下ろしミニ色紙(あっかりーん)」、「ふうりん風アクリルキーホルダー」。

さらに・・・

 

IMG_5763

左から「アニメグラフ(これと、ごらく部と生徒会のキャラ絵がキャラ別についてる)」、「ふぃるむ風クリアポスター」。

 

IMG_5751

アニメグラフについてきた生徒会ポストカード。

 

IMG_5754

ふうりん風アクリルキーホルダー。

なちゅやちゅみ はじめました

 

 

IMG_5756

特大暑ちゅう見舞い 絵葉書。

4人と絵葉書とごらく部絵葉書。

とにかくデカい。

ゆる◯りはデカいグッズが多い。

 

 

IMG_5757

劇場パンフレット、表紙。

 

 

IMG_5758

ちょっとだけ 何かが変わったような。

 

 

IMG_5761

それでいて 変わらない毎日。

 

 

 

若、ゆる◯りの映画の初日舞台挨拶にいったらしい件 完。

後日談。

(1)アニメグラフ(前述)は、札幌のアニメイトにも普通に売っていたらしい。

実を言うと、アニメグラフはでかすぎてどうやって帰りに持って帰ろうか

まったく考えずに買ってた。

結果から言うと、卒業証書みたいに丸めて持って帰ってきた。

が、どうやら札幌でも普通に買えた。

よくよくサイトみたら、劇場販売グッズの中にアニメグラフないしね。

 

(2)ゆるゆる なちゅやちゅみ!は年明けに全国各地で公開されることが決定。

もちろん札幌も。(・・・。)

(クッソ、公開されないと思って観に行ったのに)

スクリーンショット 2014-12-23 10.33.31

 

札幌では「ユナイテッド・シネマ札幌」で1月17日(土)から公開です。

ひゃっふー!

もう1回観に行くぞー。(ほんとかよ)

ま、でも公開初日に見れたし、舞台挨拶見れたし・・・いっか。

 

(3)なちゅやちゅみ!のBlu-ray&DVDは来年2月18日に発売されるよ。

スクリーンショット 2014-12-23 10.36.55

 

特典もいっぱいついてくるよ!

やったね!

 

 

 

<次回予告>

IMG_5782

突如現れた「コミック百合姫」。

 

 

IMG_5783_2

ページが開くと、現れる「2015年ゆるゆりカレンダー応募者全員サービス」の文字。

 

IMG_5784_2

さらに「ゆるゆり13巻 2月吉日発売」の文字も。

・・・・・・・・。

ゆりゆらー若の戦いはこれからだ。

 

 

【再掲】

この物語は、フィクションです。(たぶん)